ブリーチングホワイトニングって何?

どのような治療方法なのか紹介します

注意点について

Pocket

実際にホワイトニングをしてもらう際の注意点について教えましょう。まず、ホワイトニングの効果には個人差があることを理解しておきましょう。誰でも絶対に効果があるというわけではないのです。また、虫歯や歯周病などにかかっているとできない場合があります。さらに妊娠中の方もホワイトニングを受けることができません。薬剤がどう影響するか分からないからです。

歯の掃除ホワイトニングをする際には治療前にしっかりと歯の汚れを取り除いておきます。そのためのクリーニングも実施します。ホワイトニングをすると一時的に知覚過敏になってしまうことがあります。これは薬剤が染みることがあるからです。また、ホワイトニングの直後は着色しやすくなっているため、そのようなものを食べたり喫煙をするのは避けた方が良いでしょう。

ホワイトニングを避けた方が良いケースがいくつかあります。しっかりと医師に相談をして、自分が本当にホワイトニングを受けることができるのかどうか確認しておきましょう。

ホワイトニングは一生維持できるわけではありません。再び歯が着色してしまうことがあるため、その際にはまたクリニックを受診しましょう。また、歯が黒ずんでいるのを白くしたいならば、別の治療方法が必要となります。

ホワイトニングとは

Pocket

ブリーチングホワイトニングとはさまざまな理由から黄ばんだ歯を白くするための方法のことです。黄ばんでしまう原因としては、加齢や生活習慣、遺伝などが考えられます。これを薬の力を用いることによって白くすることができます。

マウスピース方法としてはマウスピースを用意して、そこにジェル状となった漂白剤を入れます。そして、これを歯に装着するのです。そうすることによって、薬剤がどんどん歯に浸透していき、やがて歯が白くなっていくのです。

ホワイトニングには自宅で行う方法と病院で行う方法があります。自宅の場合にはより弱い薬剤を用いてじっくりと歯を白くしていくことになります。一方、病院でホワイトニングを行う際には強い薬剤を用いて短時間で白くします。

また、大阪にあるホワイトニング対応歯科では、クリニックと自宅両方で行うホワイトニング治療方法も実施しています。。その分金額は高くなりますが、極めた白さと艶やかさを求めている方にはピッタリの施術方法と言えます。

歯が黄ばんでしまっている場合には歯の中に着色物質が含まれていることがあります。ホワイトニングではこの物質を分解することによって、歯を白くすることができるのです。どのような物質が沈着していたとしても、しっかりと薬剤によって分解するため、歯は白くなるのです。

ただし、このような方法となっているため、ホワイトニングは半永久的に続くわけではありません。再び歯に着色物質が溜まってしまう可能性があるため、定期的にホワイトニングすることになります。

ホワイトニングの種類

Pocket

自分の歯に不満を抱えている方がいるかもしれません。特に歯の色というのは気になるものです。たとえば芸能人のようなきれいな白い歯になりたいと考えている方はたくさんいます。歯が気になってしまうと、他人の前で笑顔を見せることさえ躊躇してしまうようになります。また、実際問題として歯の色が汚い場合にはあまり良い印象を持たれないことが多いでしょう。そのため、仕事にまで影響してしまうかもしれません。

歯このような歯の色の問題を解決するための方法としてホワイトニングがあります。ホワイトニングを受けることによって、歯を白くすることができるのです。しかも、ホワイトニングの場合には自分の歯はそのまま保つことができます。あくまでも天然の歯を白くするための方法なのです。このようなホワイトニングのことをブリーチングやブリーギングホワイトニングと呼ぶこともあります。

このように歯を白くするための治療については審美歯科で受けることができるでしょう。審美歯科というのは歯を美しくするための治療を専門的に行っているクリニックのことです。こちらを利用することによって、歯をどんどんきれいにすることができるでしょう。

こちらではブリーチングホワイトニングとは一体何なのかという点について解説しましょう。ブリーチングに興味のある方はぜひとも参考にしてください。一体どのような治療方法なのかを教えましょう。こちらを受けることによって、歯を白くすることができるのです。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén