Pocket

ブリーチングホワイトニングとはさまざまな理由から黄ばんだ歯を白くするための方法のことです。黄ばんでしまう原因としては、加齢や生活習慣、遺伝などが考えられます。これを薬の力を用いることによって白くすることができます。

マウスピース方法としてはマウスピースを用意して、そこにジェル状となった漂白剤を入れます。そして、これを歯に装着するのです。そうすることによって、薬剤がどんどん歯に浸透していき、やがて歯が白くなっていくのです。

ホワイトニングには自宅で行う方法と病院で行う方法があります。自宅の場合にはより弱い薬剤を用いてじっくりと歯を白くしていくことになります。一方、病院でホワイトニングを行う際には強い薬剤を用いて短時間で白くします。

また、大阪にあるホワイトニング対応歯科では、クリニックと自宅両方で行うホワイトニング治療方法も実施しています。。その分金額は高くなりますが、極めた白さと艶やかさを求めている方にはピッタリの施術方法と言えます。

歯が黄ばんでしまっている場合には歯の中に着色物質が含まれていることがあります。ホワイトニングではこの物質を分解することによって、歯を白くすることができるのです。どのような物質が沈着していたとしても、しっかりと薬剤によって分解するため、歯は白くなるのです。

ただし、このような方法となっているため、ホワイトニングは半永久的に続くわけではありません。再び歯に着色物質が溜まってしまう可能性があるため、定期的にホワイトニングすることになります。