Pocket

実際にホワイトニングをしてもらう際の注意点について教えましょう。まず、ホワイトニングの効果には個人差があることを理解しておきましょう。誰でも絶対に効果があるというわけではないのです。また、虫歯や歯周病などにかかっているとできない場合があります。さらに妊娠中の方もホワイトニングを受けることができません。薬剤がどう影響するか分からないからです。

歯の掃除ホワイトニングをする際には治療前にしっかりと歯の汚れを取り除いておきます。そのためのクリーニングも実施します。ホワイトニングをすると一時的に知覚過敏になってしまうことがあります。これは薬剤が染みることがあるからです。また、ホワイトニングの直後は着色しやすくなっているため、そのようなものを食べたり喫煙をするのは避けた方が良いでしょう。

ホワイトニングを避けた方が良いケースがいくつかあります。しっかりと医師に相談をして、自分が本当にホワイトニングを受けることができるのかどうか確認しておきましょう。

ホワイトニングは一生維持できるわけではありません。再び歯が着色してしまうことがあるため、その際にはまたクリニックを受診しましょう。また、歯が黒ずんでいるのを白くしたいならば、別の治療方法が必要となります。